現地ガイドだから知っているウィーン最新情報をお届けします

ロマンチックな雪が舞うウィーンの『スノーグローブ』

 

ウィーンの思い出になるおススメのお土産の一つに、スノーグローブがあります。

スノーグローブとは、丸いガラス玉の中に水、キャラクターや観光名所が入っていて、振るとキラキラパウダーが雪のように舞うおもちゃの事。

日本だけでなく、世界中のお土産屋さんや小物ショップにありますので、見ると思わず手に取って振った経験がある方も多いのではないでしょうか。

 実はこのスノーグローブは、ウィーンにある『ペルティ社』によって、100年前に世界で初めて作られた、ウィーン発祥のおもちゃなのです。

会社は現在も、昔のままの技法でスノーグローブを製造していて、博物館もあります。

会社が所在する場所は以前、私が住んでいたアパートの近くでもあり、何度か顔をのぞかせていたのですが、引っ越ししてからすっかりご無沙汰しておりました。

先日、久しぶりに『ペルティ社』へ行く機会がありました。いつお会いしても明るくて、可愛らしい先代の玄孫娘サビーネさんはまるでスノーグローブそのままです(笑)

今回は誕生エピソードも交えながら色々なスノーグローブをご紹介したいと思います。

照明効果の改善から生まれたスノーグローブ

この建物に『ペルティ社』の工場があり、1階はスノーグローブ博物館、2階にはショップがあります。

マンションが立ち並らんでいるなか、他の建物に交じって目立たないため、番地をしっかり見てないと思わず見逃してしまいます。

ドアを開けて、まっすく進み突き当たり左すぐに博物館があります。

上の写真は第一室目にある作業テーブルの様子。スノーグローブがどのように生まれたかを展示しています。

 先代エルヴィン・ペルツィー氏は医療関係の器具設備士として働いており、靴職人が作業で使用していたフラスコ状の容器を使用して、明るい照明を作る改善のため色々と実験をしてました。

 初めは、先が筒状になっているガラス球に水を入れる事で、ルーぺの役割をさせ、後ろにろうそくを置いてより明るい光の効果を出していたそうです。

 さらに光を反射させるために考案し、様々な物質をガラス球の中にいれてみました。ある日、セリモナ粉を入れてみた所、ゆっくりと沈殿するのを見て、雪が降るのを連想したのです。

 その傍ら、彼は巡礼の地のお土産屋で働く友人のために、マリアツェル教会のミニチュアも制作していました。

 そのミニチュアを水とセリモナ粉を少し入れたガラス玉に入れたのが、スノーグローブの誕生です。

この写真はシュテファン大聖堂です

 小さいころから、おもちゃ作りに関心があった、先代エルヴィンはこのおもちゃを『雪の降るガラス玉』として特許を申請し、その後、様々なシリーズを作ります。

最初からおもちゃとして作られたわけでなく、照明とお土産屋のミニチュアとの合作だったわけですね。

皇帝であったフランツヨーゼフ皇帝にも功績を認められて表彰されるほどの大成功を収めたのですから、当時の人気が伺えます。

 ペルツィー社のスノーグローブは、水はアルプスの天然水を使用しているため、濁りにくく、企業秘密である雪がゆっくりと落ちるのが特徴。

 長いものでは大きさによって、落ちるまでなんと2分雪が舞いつづけるんです

ペルティ社スノーグローブの様々なシリーズ

現在、三代目ペルティー氏が事業を引き継いています。作り方は古い伝統を守っており、当初と全く変わっていません。

雪の部分は厳しい企業秘密なので、世代から、世代へ口頭から口頭へ引き継がれています。

そのため、隣接している工場は残念ながら見学をすることが出来ないです(わかっていながら、行くと毎回、見学できないですよね。。と尋ねてしまう私)

今では色々な会社もスノーグローブを制作していますが、ペルティー社のスノーグローブは台座が黒で観光名所のデザインが入っているものは【Gruess aus Wien】ウィーンからこんにちはと記載されているのが目印です。

ウィーンの観光名所であるシェーンブルン宮殿、シュテファン大聖堂、プラター公園の大観覧車などはほとんどありますので、訪問した場所のお土産屋さんで購入するのも良いと思います。

オーストリアの有名なスイーツスノーグローブ

マンナーナポリターナのスノーグローブ

ウィーン子が最も愛するマンナーウェハースがデザインになったスノーグローブ。

1890年創業以来今もなお『すべての人のためのチョコレート』として、自家焙煎のカカオ豆から直接チョコレートを製造しているウィーンに生まれのブランドです。

特に人気があるのが、一口サイズにカットされた下の写真のマンナーナポリターナー

ヘーゼルナッツチョコレートが5層のウェハースにぎっしりコーディネートされています。最初食べた時は、甘すぎると思いましたが、ウィーンのコーヒーと一緒にいただくと、この甘さが癖になるんです(笑)

パッケージも創業以来の可愛らしいピンク色、マンナー社のみ認可されたシュテファン大聖堂を商標登録として使用しています。

手ごろな値段で映画館、駅、空港、ホイリゲなどどこでも販売されていて、ウィーンへ来たお土産に買われるお客様もたくさんいらっしゃいます。

本物のチョコだと、食べたら終わりですが、スノーグローブの中にデザインされたマンナーナポリターナーはずっと残しておくことが出来ますね

ザッハトルテのスノーグローブ

チョコレートケーキの王様ザッハトルテをデザインにしたスノーグローブ。

ウィーンのシンボルと言っても過言ではないほど、『ザッハトルテ戦争』のおかげで世界一有名なチョコレートケーキとなりました。

こちらのチョコレートケーキも食べたとき、最初、日本人の方には甘いと感じる事でしょう。

ケーキが発明された当時は冷蔵庫がなかったため、日持ちをするために、糖度のチョコレートを使用して、自然に保存するオリジナルの製造法を今も変わらず守っているからですね。

また、ザッハホテルドアマンテディがデザインになったスノーグローブ。当初は限定版でシュタイフとコラボをして作られたティデイベアが人気となり、今ではザッハのオリジナルで作られています。

グーゲルフプフのスノーグローブ

ウィーンではなまりで『グーグルフプフ』と呼ばれているこのお菓子は、ウィーン子にとって、デザートでもあり、朝食替わりにも頂くもので、カフェのほか、パン屋さんでも購入できます。

作り方も簡単で、レシピもたくさんあるため、ケーキを焼く人は必ずと言っていいほど、この型を持っています。

典型的なウィーンのグーゲルフプフはマーブルバターで粉砂糖がトッピングされています。

ウィーンを代表するお菓子が入ったスノーグローブもとてもかわいいですね。

クリスマスのスノーグローブ

スノーグローブと言えば、雪が舞う様子から、やはりクリスマスのデコレーションやクリスマスプレゼントを連想するのではないでしょうか。

クリスマスマーケットでも毎年、サンタクロースやツリーなど可愛らしいたくさんのスノーグローブが売られています。

 

 

どのスノーグローブも、大きさが5種類25mm、45mm、80mm、120mm、200mmがあります。大きくなるに従い、中に入っているデザインが複雑に装飾されています。。

完売になったコロナ渦をモチーフにしたスノーグローブ

販売当初は完売になったトイレットペーパーをデザインにしたスノーグローブです

2020年3月、ウィーンでロックダウンが始まった頃、ハムスター買い(まとめ買い)現象が起こり、スーパーマーケットの棚からトイレットペーパーが売り切れて消えた事がありました。

そこでトイレットペーパーのデザインを中に入れたら面白いだろうと制作したところ、あっという間に完売となり、予約待ちになりました。

Neu in unserem Shop!!!
Je € 10,00
Von jeder verkauften Kugel werden € 2,00 an das Österreichische Rote Kreuz (Corona:…

Original Wiener Schneekugelmanufakturさんの投稿 2020年4月7日火曜日

45mmのトイレットペーパーのスノーグローブは10ユーロで販売され、そこから2ユーロを赤十字に寄付をする企画でした。

ところが1週間で完売したのです!

その時、フェイスブックにペルティ社は次のようなユニークな投稿をしました。 『私達もトイレットペーパーを切らしてしまいました。 しばらくの間このウェブショップを閉じなくてはいけません。ご理解のほどよろしくお願いします』

Liebe Kunden!
AUCH UNS IST DAS KLOPAPIER AUSGEGANGEN!
WIR FREUEN UNS SEHR ÜBER DIE VIELEN BESTELLUNGEN,
ABER WIR MÜSSEN…

Original Wiener Schneekugelmanufakturさんの投稿 2020年4月14日火曜日

コロナ感染予防のためマスクをした雪だるま

人々が落ち込む中、明るいアイディアには、思わず微笑んでしまいます。

ウィーンへお越しの際にスノーグローブにご興味のある方は、博物館まで足を運んでみてくださいね。

ORIGINAL WIENER SCHNEEKUGEL E.U

Schumanngasse 87 1170 Wien Österreich
営業時間 月曜日~木曜日まで 9時~15時
Telefon: 01 – 486 43 41
Fax: 01 – 486 43 41 – 9
Web: https://www.viennasnowglobe.at

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 現地ガイド発信!ウィーン最新情報 , 2020 All Rights Reserved.