現地ガイドだから知っているウィーン最新情報をお届けします

ベートーヴェンの葬儀が行われたアルサー教会(三位一体教会)

2020/03/13
 

ベートーヴェンについてはこちらもご参照ください!

ベートーヴェンハウス バーデン『第九交響曲』を作曲した家
ベートーヴェンの遺書の家「Haus des Heiligenstädter Testaments」
最初のベートーヴェンとシューベルトの墓地『シューベルトパーク』
ベートヴェンフリースとクリムトとベートヴェン!

ベートーヴェンの葬儀は彼が亡くなった2日後の1827年3月29日アルサー教会(三位一体教会)にて行われました。約2万人ものウィーン市民が参列した様子から、ベートーヴェンが生前に既に偉大な音楽家としてウィーン中に名前が知られていた事がわかります。今回はベートーヴェンの葬儀が行われた教会アルサー教会と葬儀の様子をご紹介します。

ベートーヴェンの葬儀はスーパースター並みの葬送だった!

ベートーヴェンが亡くなった最後の家はシュバルツシュパー二エン通り(SCHWARZ SPANIEN STRASSE)にあります。※実際に住んでいたアパートは取り壊され、レリーフがあるのは住んでいた場所を示す新しい建物です。現在は、大きな通りにショップやマンションが立ち並びモダンな街並みです。

ベートーヴェンの棺は最初中庭に置かれ、弔問客と偉大な音楽家の別れを一目見たい野次馬で大きな人だかりになりました。

午後3時に棺は閉じられ、500メートル先アルサー教会に運ばれます。通りは多くの群衆で埋められ、近郊の学校は閉鎖、軍隊まで出動した大きな葬送行進となり、ベートーヴェンの棺を乗せた馬車が教会に到着するまで1時間半もかかったそうです。

いくらウィーンが音楽の都と言えども、集まった人たち皆がベートーヴェンのファンではなかったでしょう。よく彼の音楽は知らないが、あの有名な偉大な音楽家ベートーヴェンという人が亡くなったらしい!騒ぎになり、人が人を呼んだ現象だったと想定します。

上記の絵は、葬送行進に参列してた宮廷音楽家8人により、ベートーヴェンピアノ・ソナタ第1番長調作品26から葬儀行進曲が演奏された瞬間が描かれています。背景には、アルサー教会のファサードと、右側にベートーヴェンが住んでいたアパートが見えます。アパートの窓という窓から人々はベートーヴェンの葬儀を見ている様子もうかがえますね。

現在はこのような広場ではなく、真ん中に道路があり、教会前は大学のキャンバスになっています。

 

アルサー教会(三位一体教会)はお役所と看護師センターだった!

 

アルサー教会はかつて白いスペイン教会とも呼ばれていました。これは黒いスペイン教会と区別するための三位一体教会を意味します。主祭壇の絵は三位一体が描かれています。

この教会は元々1688年、マリアテレージアの祖父に当たるレオポルド一世が、この場所に三位一体修道会のため修道院建築を許可したものです。

1689年には、三位一体が描かれた主祭壇がある小さなチャペル、1691年~92年にかけて修道院、1702年には現在みられる教会がそれぞれ完成しました。バロックの教会でありながら、シンプルな内装でとても落ち着いた装飾が施されています。

ここで約95年間、三位一体修道会が祈りを捧げて、神にご奉仕をしました。

ところが、1783年11月23日、当時の皇帝ヨーゼフ二世(マリア・テレージアの長男)は、この教会の活動を禁止して、三位一体修道院を閉鎖されてしたまったのです(ヨーゼフ二世は当時、働かずに神に祈り、巡礼をする国民が多いため約200の修道院、教会閉鎖しています)そして、1874年ミノリーテン修道院に移します。

病院の設立、医療の開発に力を注いでいたヨーゼフ二世は、すぐそばにあったウィーン総合病院(この病院もヨーゼフ二世により設立された)のケアーをミノリーテン修道院に任せます。

ここには事情があり匿名希望の女性、貧しい女性や独身女性の出産施設がありました。その教区の出産記録や死亡届などの記録も残っていて、役所の機能もありました。

ベートーヴェンとシューベルトのレリーフ

正面右側にはベートーヴェンのレリーフがあります。ここにはベートーヴェンが1827年3月29日に葬儀が行われた事が銘記されています。

右側にはシューベルトのレリーフがあります。彼は亡くなる数週間前に教会の鐘の奉納に向け作曲した聖歌『信仰、希望、愛』ことが銘記されています。シューベルトもベートーヴェンの葬儀に参列しています。尊敬するベートーヴェンが亡くなった翌年にまさか自分も亡くなるとは、夢にも考えていなかったでしょう。

偉大なる作曲家ベートーヴェンの葬儀が行われたアルサー教会はベートーヴェンの最期の家から歩けますので、是非、ベートーヴェン史跡巡りの一環として訪ねてみて下さい。

アルサー教会は朝7時から12時までしか中に入ることが出来ませんので、ご注意くださいね!

ベートーヴェンについてはこちらもご参照ください!

ベートーヴェンハウス バーデン『第九交響曲』を作曲した家
ベートーヴェンの遺書の家「Haus des Heiligenstädter Testaments」
最初のベートーヴェンとシューベルトの墓地『シューベルトパーク』
ベートヴェンフリースとクリムトとベートヴェン!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 現地ガイド発信!ウィーン最新情報 , 2020 All Rights Reserved.