現地ガイドだから知っているウィーン最新情報をお届けします

ベートーヴェンの散歩道(ベートーヴェンガング)

 

ベートーヴェンハウス(旧ベートーヴェンハイリゲンシュタットの遺書の家)から歩いて10分、カーレンベルクの麓シュライバーバッハの小川に沿って、ベートーヴェンのお気に入りの散歩道、通称『ベートーヴェンガング』(ベートーヴェンの散歩道)があります。

現在は片側が住宅街になっておりますが、ベートーヴェンが生きていた時代、ここは温泉保養地であり、のどかなブドウ畑が一面に見えたことでしょう(現在も住宅の後ろには、カーレンベルク山の斜面にあるブドウ畑が見えます)

天気の良い日は毎日、ベートーヴェンはこの小路を散歩して、交響曲第6番田園の2楽章「小川のほとりの情景」の構想を練りました。題名の小川は、このシュライバーバッハが舞台です。難聴で苦しみ、遺書を書いた時もこの道を散歩しています。

田園は1808年に作曲し、第5楽章の構成になっています。ベートーヴェンが『田園』のサブタイトルを付け、それぞれの楽章に標題を付けた交響曲です。ベートーヴェンは「この交響曲第六番は絵画的な描写ではなく、田園での生活の感情を表現した」と語っています。

ベートーヴェンの第2楽章の感情は何を表現したかったのだろう?私はベートーヴェンの散歩道へ来るたびに想いを巡らせます。弦楽器で表現された小川の流れ、鳥達の木管楽器(フルートは鶯、クラリネットはかっこう、オーボエはうずら)で表現した交差する声の様子。。

華やかなウィーンの街並みからこの場所ベートーヴェンの散歩道に来ると、心が落ち着くというのでしょうか、とても清々しく、時間がゆっくり流れ始めます。ベートーヴェンは『ハイリゲンシュタット』を好み、何度もこの付近に住んでいます。

ベートーヴェンは自然のエネルギーは全ての問題、苦悩から解放し、穏やかな心の状態になると表現しているように思います。(他の意見がありましたら、どうぞ教えて下さい)

小川に沿って歩いていると、この付近に住んでいる方々が、可愛らしいお子さんや、犬と一緒に、時には、ご年配のご夫婦が手を繋いで散歩をしており、気軽にGrüß Gott』こんにちは、と声をかけて下さります。

日常から解放され、心安らぐこの場所は、個人的にとても好きな所で、プライベートでも散歩に行きますし、友人、知人がウィーンに来たときも、ホイリゲへ行く前に、このベートーヴェンガング(ベートーヴェンの散歩道)を案内します。

春には、小鳥合唱団の声が聴く事が出来ます。とても響いていて、素晴らしい歌声です。ここには小鳥達の食べ物が沢山あります。この声をベートーヴェンは耳ではなく、心の耳で聴いていたのでしょうね。

ベートーヴェンについてはこちらもご参照ください!

ベートーヴェンハウス バーデン『第九交響曲』を作曲した家
ベートーヴェンの遺書の家「Haus des Heiligenstädter Testaments
最初のベートーヴェンとシューベルトの墓地『シューベルトパーク』
ベートヴェンフリースとクリムトとベートヴェン!
ベートーヴェンの葬儀が行われたアルサー教会(三位一体教会)

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 現地ガイド発信!ウィーン最新情報 , 2020 All Rights Reserved.