現地ガイドだから知っているウィーン最新情報をお届けします

オーストリアにおける新型コロナウイルス情報(3月10日付)

2020/03/11
 

写真引用 krone.at

3月10日オーストリアにおける新型コロナウイルス情報です。

3月10日オーストリアにおける新型コロナウイルスの感染症例の数は157名、57、5027件の検査が実地されました。ウィーンの観光地名所はウイルスの影響で、訪れる人が例年に比べ、かなり減少しています。3月は学生さんのツアーが多く、皆さんからたくさんの英気をいつも頂いていたのに、とても残念です。

オーストリアではクルツ首相、厚生大臣、内務大臣は、新型コロナウィルス感染の広がりを阻止するため、火曜日の午後に新たな、特に広範囲にわたる措置を提示しました。

500人以上の屋外イベントと100人以上の屋内イベント(スポーツ、国立オペラ座も含む)は、4月の初めまで禁止されます。

大学,高等専門学校は4月初めまで、大学での講義及び試験を中止することになりました。授業は自習及びインターネットでのe-レッスンに切り替えられます。なお、この間は欠席扱いにはとなりません。

人々とのコンタクトを出来るだけ避け、インフルエンザのようなピークが来ないように、高齢者を守り、広がりを阻止する方針です。

イタリア旅行ヘは警告レベル6になりました。イタリア・南チロル州からチロル州への入国者に対し、国境で検温と一般的な質問が実施される事になりました。オーストリア航空(AUA)は、ウィーンからヴェネツィア、ミラノ、ボローニャへのフライトを3月10日から3月末までフライトをストップします。

オーストリア政府は、イタリアに滞在しているオーストリア人に対し、早急に戻るよう勧告しています。

新型コロナウィルスの感染力についてメディアで色々と情報が飛び交っています。この感染力を示す出来事がチロル州で起こりました。土曜日の夜、チロル州にあるバーでバーテンダーの感染症例が確認され、接触のあった常連客の検査を行ったところ、15名に感染したことが判明されました。但し、皆さん軽症だとのことです。

ウィーン市は今のところ、全小中学校、高校が休校(学校閉鎖)にはなっておりません。現在の所、フランス語学校リセが、フランス、アルザス地方で宗教行事に参加した親子3名(母と息子2人)の感染症例が確認された一校、プライベート保育園の保育士一名も感染症例が確認された為、計1学校と1保育園が14日間休校となりました。

ハプスブルク家最後の皇帝の孫カール・ハプスブルクロートリンゲン氏が新型コロナウィルスに感染したことが報道されました。現在自宅隔離しています。最初は流感と思ったが、スイスの会議に出席した友人が新型コロナウィルス感染したため、検査をしたところ陽性だったそうです。

オーストリア周辺の国の新型コロナウィルス対策情報です。

イタリア

460人以上の死者が出たイタリアのコンテ首相は記者会見で、10日から全土で個人の移動制限を実施すると述べ、北部ロンバルディア州などに限定していた措置を全土に拡大するとしました。オーストリア間との国鉄はイタリア国境まで運行します。

チェコ

チェコではすべての学校を休校にし、100人以上参加する文化的、スポーツ的、宗教的なイベント、見本市や市場を禁止しました。尚、保育園、幼稚園は例外になる可能性があります。

鉄道国境検問所において新型コロナウイルス関連情報及び行動案内を掲載した複数言語のパンフレットを全入国者に配布し,抜き打ちで検温が行われるとのことです。

ドイツ

地区事務所長のピーター・ケックは、その方法を実演しました。 (画像:AFP)

写真引用 krone

ドイツではニュルティンゲンとシュツットガルトにテストステーションを設け、車から降りることなく、窓を開けて新型コロナウィルスの検査が行えます。検査希望者は事前に予約する必要があり、検査結果が出るまで自宅待機となります。

また、「1,000人以上のイベントは行わない」シュパーン保健相の発言により、各州で討論が繰り広げられています

本日、私は親しいウィーン人女性とお話をする機会がありました。彼女曰く『私はインフルエンザの方がよほど危険だと思うけど、マスメディアが大きく取り上げているわね』と、まるで他人事。私の方がその無関心さに焦ったぐらいです。

感染症例の数も参考にしながら、感染しないように普段から出来る事(手洗いや免疫力を高めるなど)に気を付ける事、もしも感染した場合、どのように対処するか想定しておくのは大切ではないかと考えながら日々を過ごしています。

最後にウィーンの日本大使館(3月9日付)からの情報を下記に添付しておきます。

〇9日(月)15時現在,新たにオーストリア国内で29名の新型コロナウイルス(COVID-19)感染の確定症例が報告されました(累計確定症例数は131名)。
〇8日未明に発表されたイタリア首相令を受けて,10日よりイタリア・南チロル州からチロル州,また,イタリアからケルンテン州への入国者に対し,健康テスト(検温他一般的な質問)が実施されます。
〇9日以降,鉄道の対チェコ国境において,抜き打ちで検温が行われるとのことです。オーストリアにお住まいの皆様及び
たびレジ登録者の皆様へ1 墺連邦保健省によれば,9日(月)15時現在,新たにオーストリア国内で29名の新型コロナウイルス(COVID-19)感染の確定症例が報告されました。
これでオーストリアにおける確定症例は131名となります。国内発生状況(州:累計確定症例数(前日比))
・ニーダーエーステライヒ州:36名(+5)
・ウィーン市(州):35名(+3)
・シュタイアーマルク州:16名(+6)
・チロル州:16名(+8)
・オーバーエーステライヒ州:11名(+4)
・ザルツブルク州:9名(+1)
・ブルゲンラント州:4名(+0)
・フォアアールベルク州:3名(+2)
・ケルンテン州:1名(+0)2(1)8日夜,プラッター・チロル州首相は,10日(火)より,イタリア・南チロル州からチロル州への入国者に対し,健康テスト(検温他一般的な質問)が実施される旨発表しました。
実施場所は以下のとおりです。
・ブレンナー(Brenner)峠(ボルツァーノからインスブルックへ抜けるA13号線)
・東チロルのジリアン(Sillian in Osttirol)(ボルツァーノからリエンツへ抜けるSS49号線)
・レッシェン峠(Reschenpass)(メラノからザンクト・アントンへ抜けるスイス・伊・墺の三国国境地帯SS40号線)
(2)9日,ケルンテン州政府は,10日(火)より,イタリアからツォール・マグレルン(Thoerl Maglern)国境からケルンテン州への入国者に対し,移動チームによる健康テスト(検温他一般的な質問)を抜き打ちで実施する旨発表しました。3 墺外務省の渡航情報によると,チェコ国境当局は9日(月)午前7時以降,鉄道の対チェコ国境検問所において新型コロナウイルス関連情報及び行動案内を掲載した複数言語のパンフレットを全入国者に配布し,抜き打ちで検温が行われるとのことです。
本措置の実施場所は以下のとおりです。
・ヴロヴィッツ(Wullowitz)(リンツからチェコへ向かう国境)
・ドラ―センホーフェン(Drasenhofen)(ウィーンからブルノへ向かう国境)
・クラインハウグスドルフ(Kleinhaugsdorf)(ホラブルン、ラー・アン・デア・タヤからチェコへ向かう国境)
・ルンデンブルク(Lundenburg)(ミステルバッハからブルノ方面へ向かう国境)4 新型コロナウイルスは風邪と同様にせきやくしゃみなどの飛沫で感染するとされていますので,手洗い,人混みを避ける等の基本的な感染症対策に努めてください。
ただし,当国では覆面禁止法によりマスクの着用が禁止されており,新型コロナウイルス感染予防のためのマスク着用について新聞社から見解を問われた当国内務省は,健康上の理由によりマスクを着用する場合には原則として医師の診断書が必要である旨回答しておりますので,ご注意ください。
なお,オーストリア保健・栄養安全機関(AGES)は,新型コロナウイルスへの感染の疑いがない人については通常の石鹸で十分であると強調し,消毒液は医療目的で消毒が必要な人・機関により使用されるべきであるとしています。
参考:コロナウイルス感染予防措置
・定期的に,約30秒間石鹸で手洗いをする
・顔(特に口,目,鼻)を指で触らない
・握手と抱擁を避ける
・鼻をかむ際,咳をする際は使い捨てティッシュに行うか,腕で口・鼻を覆って行う。ハンカチを使う場合は使用した後で捨てる。5 また,5日,アンショーバー保健相はオーストリアにおいて新型コロナウイルスへの感染が確認された37人(当館注:5日午前8時現在の確定症例数)に対し,現在12万9,000人が季節性インフルエンザ及びその他のウイルス感染症に罹患している旨述べました。季節性インフルエンザは前年に比して「強力な波」となっているものの,すでに消退期に入っているとのことです。ウイルス学者のレードルベルガー=フリッツ氏によれば,オーストリアにおいて現在までに計24万5,000人が今季のインフルエンザに罹患したとのことです。
新型コロナウイルスだけでなく,季節性インフルエンザの予防にも努めてください。【参考】
■ オーストリア保健省
〇新型コロナウイルス情報(独語)
https://www.sozialministerium.at/Services/News-und-Events/Neuartiges-Coronavirus-(2019-nCov).html
〇新型コロナウイルス・ホットライン(独語・英語)
Infoline Coronavirus: 0800 555 621 (月-金,9:00-17:00)
ウェブサイト:https://www.ages.at/themen/krankheitserreger/coronavirus/
■ 日本厚生労働省
〇新型コロナウイルス関連情報
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
○新型コロナウイルスに関するQ&A
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html
■ 世界保健機関(WHO)
○ウェブサイト:https://www.who.int/health-topics/coronavirus
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 現地ガイド発信!ウィーン最新情報 , 2020 All Rights Reserved.