現地ガイドだから知っているウィーン最新情報をお届けします

誰でも空港でPCR検査が受けられるようになりました

 

写真引用krone

コロナウィルス規制緩和が徐々に実施され、美しいウィーンに再び活気が戻って来ています。

本日は(本日もです(笑))近所を散歩してると、子供の遊び場も解放されていました。ブランコや滑り台で大はしゃぎの子供達の声を聴いて、沢山の元気をもらう事が出来ました。

さて、PCR検査についての情報です。5月4日より、ウィーン空港で、希望者はPCR検査を受ける事が可能になりました。(昨日、ツィッターでもちらっとご案内しています)

日本ではPCR検査の数、タイミングなどについて、色々と討論されておりますが、オーストリアは早期の段階で対策を取り、規制措置、ロックダウンを実施して、拡大阻止に第一段階で、良い結果が出ております。そのためPCR検査は入国の際非常に重要となります。

私は医学において、素人で専門知識はありません。ニュースや新聞でコロナウイルス情報を入手していますため、PCR検査の本質及び必要性については割愛させて頂きますね。

友人から空港の様子を写メして送られてきました。利用客は殆どなく、ガラガラ状態です。経済破綻させないためにも、オーストリアにとって観光業は無視できない位置づけなのに、大丈夫かしら?と心配になりました。

オーストリアの滞在許可証を持っていない、シェンゲン圏外の人は、正当な理由がない限り、国境閉鎖されているため、入国出来ません(したがって、日本からの観光目的は許可が下りないんです)

しかし、お仕事などでオーストリアへいらっしゃる方もいる事かと思います。また、近い将来、海外からくる旅行客への入国許可も、条件付きで可能とになる日が来ることかと思います。
(条件やPCR検査の必要性はまた、ウィルスの拡大状況によって今後、変わってくることが予想されます。)

最後に、空港でのPCR検査について、在オーストリア日本大使館から、詳しいメールが届いていますので、ご案内します。何らかの理由があり、飛行機でオーストリアへ来られる方は、PCR検査について、詳しく説明が書かれていますので、是非、参考になさってくださいね。

3日,ウィーン空港公団は,同空港施設内での新型コロナウイルスPCR検査サービスの提供についてHP上で発表を行いました。発表内容の概要は以下のとおりです。

(ウィーン国際空港ホームページ)
https://www.viennaairport.com/aktuelles

(1)4日から,空港地上階の検査場でConfidence DNA Analysen社(当館注:遺伝子分析を専門に行う当地企業)によるPCR検査が可能となる。検査は同社に電話またはメールで直接申し込む形の予約制。検査費用は190ユーロで,検査結果は3時間以内に発行され,直接の受け取り,メールまたは郵送が可能。

(2)本検査は空路で到着する乗客だけでなく,希望者全員が検査を受けることが出来る。出国者は本検査により,到着国の規制次第では入国に必要となる健康証明を取得できる。

(3)当該検査で陰性となった場合は,オーストリア入国後14日間の隔離措置は免除(すでに隔離措置が実施されている場合は早期終了)される(当館注:従来どおり出発地で4日以内に発効された陰性証明書の持参によっても隔離措置の免除が可能です)。
検査結果が陽性の場合,検査所から電話で受検者に通知され,当局の規定に従い報告される。

(4)検査は無症状の者が対象であり,発熱・咳等の症状がある,または感染の可能性がある者と接触した者は受検不可となり,自宅での静養及び政府指定の健康ホットラインへの連絡が求められる。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 現地ガイド発信!ウィーン最新情報 , 2020 All Rights Reserved.