現地ガイドだから知っているウィーン最新情報をお届けします

オーストリア医療労働組合の会長が防護服、マスクなどの不足問題をFBにて投稿!

 

写真引用 krone

3月21日、オーストリアにおける新型コロナウイルスの感染症例の数は増え続けており、2,814名、これまでに、18,545件の検査が実施されました。
以下 3月21日付在日オーストリア日本大使館のメールより抜粋

国内発生状況(州:累計確定症例数(前日比))
・チロル州        :575名(+ 67)(内治癒数:2名)
・オーバーエーステライヒ州:548名(+127)(内死亡数:1名)
・ニーダーエーステライヒ州:394名(+ 39)(内死亡数:1名,治癒数:2名)
・シュタイアーマルク州  :388名(+ 48)(内死亡数:3名)
・ウィーン市(州)    :359名(+ 63)(内死亡数:3名,治癒数:5名)
・フォアアールベルク州  :228名(+ 31)
・ザルツブルク州     :185名(+ 18)
・ケルンテン州      : 83名(+ 12)
・ブルゲンラント州    : 54名(+ 21)

オーストリアも日に日に感染者症例が増えています。来週、再来週には、政府が出した政策の成果(外出制限など)が見られる事を、切に期待しています。

また、3月21日夕方、オーストリア医療労働組合の会長、トーマス・スケレス会長が,マスクなどの医療防護用品の不足を訴えるため、自身のFACEBOOKにて、下記の内容を投稿しています

・防護医療用品が不足している病院関係者は、適切な保護もなく、感染者を治療しなければならない事を知らせるために、ポスティングする事(保護医療用品援助要求)

・このままではコロナヴィールスの感染がピークに達した場合に、医療防衛用品が少なすぎるだけでなく、一部では既に、手術時のマスクが不足している事

・無防備な保護服での治療は、中国の武漢で、医療機関の人々が十分な保護服を着用しないまま、感染者の治療を行い、短期間でコロナウィルスに感染が拡大してしまった二の前になる事

・アメリカが世界中の保護医療用品を買い漁っている事

オーストリアも病院での防護用品不足に陥ってきたようです。医療関係の方々は、一日中休む暇もなく、新型コロナウィルス拡大を防ぐため働いています。医療関係者が集団感染して、病院が機能しなくなる事だけは、どうか避けていただきたいです。

ちなみにトーマス、セケレス会長の投稿に反応し、アンショーバー保健相が同夜、会長に電話をして、可能な限りの努力をして、防護マスクと防護服を手に入れる努力をすると約束したとの事です。

明日は、中国からウィーンへ医療機関が不足しているマスクや手袋、防護服、130トン相当(貨物機2台分)が到着予定です。大部分はコロナウィルス感染者の多い、チロル地方が注文しています。これからも、安全のための保護服を含めた医療保護用品の確保宜しくお願いします。(アメリカさん、必要な分だけ購入してください。。。独占買い占めは止めましょう。)

さて、私の私生活も、すっかり変わっています。

政府の条令、外出制限、レストラン、カフェの営業停止、観光地閉鎖などが発表されてから、ウィーンの街は、とても静かになりました。(なお、スーパー、薬局、ポスト、銀行、タバコ屋、ガソリンスタンドなどは現在も空いています)

一日の大半を家で過ごすため、何か楽しいことをしようと思い、夜食はインターネットで見つけた、手の込んだ料理を作るようにしています(今のところは家族も喜んでくれますし、楽しんで料理してますが、いつまで続くでしょうか。。。)

そういえば、先週末、スーパーへ買い物に行きましたが、買いだめ(ここではハムスター買いといいます)した人々のおかげ(笑)で野菜、肉類、スパゲッティー、トイレットペーパー、キッチンペーパなどが売り切れで唖然。

しKしかし、政府の言う通り、次の月曜日はトイレットペーパー以外、ほどんど棚の上の商品は充実していました。現在も、食料品、生活用品は十分に販売しています。ハムスター買いの甲斐もなかった人が多かった事でしょう。

散歩にも、30分から1時間ほどですが、出かけるようにしています。

3月16日(月)からは外出は原則として(1)先延ばしできない職務への従事のため,(2)生活必需品等の調達のため,(3)他の市民の援助のために限定される。散歩のための外出は許可されているが(ペットの散歩を含む),その際は1人か,あるいは同居人とのみで行う必要がある。(在日オーストリア日本大使館のメールより抜粋)

と、上記のように、散歩でも、細かい規則のお達しが出ています。

ベンチにゆっくりと腰掛けていたり、芝生に座ってピクニックなども禁止、子供の遊び場、サッカー場も閉鎖、散歩は家族以外の他人とは1メートル以上あけるなどです。そのために警察が巡回をしており、規則を破っていたら、最高罰金は3600ユーロ!払わなくてはなりません。

近所のドナウ河の辺と、ベートーヴェンガングまで散歩へ出かけた時の写真です。普段は、もっと多くの人がいる散歩道です。

道端で見つけた『ニオイスミレ』シシーの大好きだった、スミレの砂糖漬けの花が咲いていました。食べられるのは、花と葉っぱのみ。種と根は猛毒なので要注意です。ちなみにこの花はラベンターのような香料にも使用されます

ベートーヴェンガング(ベートーヴェンの散歩道)。ここにも春が訪れています。夕暮れ時だったせいもあり、犬の散歩をしている方、お一人のみとすれ違いました。

こうして、オーストリア政府が次々と新型コロナウィルス対策通りに行動し、国民が一丸となって、新型コロナウィルスに戦っているのですが、一部の方はお構いなしのようで、ドナウインゼル(ドナウ島)では、沢山の方がサイクリングをしたり、バーベキューや、友人とたむろをして警察から警告されています。

中には、政府からのお達しを知らず、警察が説明をしなくてはいけなかったケースもあります。

(画像:APA / HERBERT P. OCZERET)

写真引用 krone

この行為は本当にやめて頂きたいです。外出制限がもっと厳しくなったりしかねませんね。。。

私はコロナウィルス問題が落ち着くまで、平常心を失わないよう、静かに過ごそうと思っています。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 現地ガイド発信!ウィーン最新情報 , 2020 All Rights Reserved.