現地ガイドだから知っているウィーン最新情報をお届けします

オーストリアにおける新型コロナウイルス情報(3月18日付)

 

写真引用 krone

3月18日オーストリアにおける新型コロナウイルス情報です。

3月18日午後3時の時点でのオーストリアにおける新型コロナウイルスの感染症例の数は1,646名、死者5名です。
以下 在日オーストリア日本大使館のメールより抜粋

国内発生状況(州:累計確定症例数(前日比))
・チロル州        :382名(+54)(内治癒数:2名)
・オーバーエーステライヒ州:305名(+57)(内死亡数:1名)
・ニーダーエーステライヒ州:256名(+40)(内死亡数:1名,治癒数:2名)
・シュタイアーマルク州  :220名(+49)(内死亡数:3名)
・ウィーン市(州)    :209名(+43)(内死亡数:2名,治癒数:5名)
・フォアアールベルク州  :124名(+25)
・ザルツブルク州     : 89名(+23)
・ケルンテン州      : 41名(+14)
・ブルゲンラント州    : 20名(+ 9)

外出制限でも、リフレッシュのための散歩は許可されていますので、昨日は天気が良かったこともあり、ドナウ河の辺へ散歩に出かけました。普段は沢山の人とすれ違う道も、昨日はほとんで貸し切り状態で、たまにすれ違っても、お互いに距離を保っていました。

道端には可愛らしいお花が咲き始め、春の訪れに心も頭もリフレッシュして、30分程で家へ戻りました。

しかし、ウィーンにある公園に数千人の人が出かけたようです。距離を置くように細心の注意を払っていても密度が高くなると、それも難しくなると思います。規則では散歩は一人、もしくは家族か同居人とのみとなっており、規則を破ると、罰金です!また、警察から数グループを見かけたようで、春の陽気な日に家でじっとしているのは難しいのはわかりますが、ご理解とご協力をお願いしますとお達しが出ていました。

Spaziergänger, aufgenommen am Mittwoch im Erholungsgebiet der Steinhofgründe in Wien (Bild: APA/PETJA MLADENOVA)

写真引用 krone

増大する新型コロナウィルスの感染を防ぐため、毎日のように対策が発表されています。

大きなニュースは、オーストリア政府が、新型コロナウィルスの経済危機を救うため、当初の予定40億ユーロの援助金を大きく引き上げ、380億ユーロと発表しました。オーストリアは、今月曜日、火曜日だけで49000人もが、失業に追いやられ(飲食業、ホテル、工事現場関係)ています。そのこれ以上の失業、倒産対策のために打ち出した援助金とはいえ、かなりの金額です!

その他の対策です。
・各スーパーマーケットはコロナウィルス感染から保護するため、プラスチックの仕切りを設備します。また、出来るだけ若い方がレジで会計をするようになります。

・65歳以上の約300,000人の高齢者向けの50ユーロのタクシー券を発行します。これにより薬局にタクシーを送り、安全に薬を手にすることが出来ます。このタクシー券は、間もなく郵便で送られてきます。

・病院へ出向かなくとも、通院していて常備薬が必要な人は、電話をかけるだけで処方箋を発行してくれるシステムを導入。病院から直接薬局へ処方箋を送ってくれるため、薬は直接薬局で受け取れるようになる

最後に、3月18日の夜、ドイツメルケル首相が異例のテレビ演説を行いました。ドイツでは既に感染者が8000人出ています。演説では今回の危機はドイツにとって第2次世界大戦以来の最大の挑戦である事、ウイルスの拡大を遅らせてワクチン開発の時間を稼ぎ、感染者に最善の治療ができるようにすることが重要だと述べています。

今、新型コロナウィルスがヨーロッパに猛威を振るい、その勢いの終焉がまだ見えません。一日も早い収束とワクチンの開発のために、1人1人の自覚が大切な時だと、私も肝に銘じて日々を過ごしています。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 現地ガイド発信!ウィーン最新情報 , 2020 All Rights Reserved.