現地ガイドだから知っているウィーン最新情報をお届けします

国立オペラ座、全ての国立博物館がコロナの影響で3月末まで閉鎖!

 

オーストリア政府は新型コロナウィルス感染の広がりを阻止するため、500人以上の屋外イベントと100人以上の屋内イベントは、4月の初めまで禁止するなどの対策を実施しました。

国立オペラ座も3月10日夜から3月31日までの公演がすべてキャンセルとなりました!
※4月1日から開演するかはまだ決定しておりません。ウィーンにいらっしゃる方は公式サイトで確認してください。

また、国立オペラ座の3月10日~3月31日までのチケットを購入された方はチケットの払い戻しができます。期限は6月30日までです。お問い合わせは直接国立オペラ座もしくは連邦チケットセンターに直接ご連絡してください。

国立オペラ座は毎日違った演目を公演しているため、延期することが出来ません。公演を中止することで損失額一日約130,000〜140,000ユーロとなります。

オペラ座を楽しみされていた方々は勿論の事、芸術家の方々、関係者の方々の心情を思うと、本当に残念です。


国立オペラ座だけでなく、フォルクスオーパー、楽友協会、100人以上入る劇場(フォルクス劇場、劇場ヨーゼフ劇場など)全て3月31日まで公演中止です。チケット返金など詳しくは各ホームページでご確認ください。

3月11日より3月末までオーストリア全ての国立博物館(美術史博物館、国立図書館など)閉鎖です!近いうちにそうなるだろうと予想しておりました。ガイドとしてオーストリアの文化、芸術を紹介する事が出来ないのは本当に悲しいです。ウィーン観光を安心して楽しめる日が一日も早く来るよう祈るばかりです。

写真引用 krone

コンサート、イベント会場だけでなく、ウィーンのシンボル『シュテファン寺院』も観光入場が出来ません。なお、信者のためのミサ、礼拝に関しましては100人いない限定で行っています。

ウィーンの日本大使館(3月9日付)からの情報を下記に添付しておきます。
○10日(火)15時現在,新たにオーストリア国内で51名の新型コロナウイルス(COVID-19)感染の確定症例が報告されました(累計確定症例数は182名)。
〇10日(火),オーストリア政府の新型コロナウイルス対策が発表されました。
〇オーストリア外務省は,イタリア全土に対して「渡航中止・避難」を求める危険レベル6を発出しました。オーストリアにお住まいの皆様及び
たびレジ登録者の皆様へ1 墺連邦保健省によれば,10日(火)15時現在,新たにオーストリア国内で51名の新型コロナウイルス(COVID-19)感染の確定症例が報告されました。
これでオーストリアにおける確定症例は182名となります。国内発生状況(州:累計確定症例数(前日比))
・ウィーン市(州):43名(+8)
・ニーダーエーステライヒ州:40名(+4)
・チロル州:32名(+16)
・オーバーエーステライヒ州:22名(+11)
・シュタイアーマルク州:17名(+1)
・ザルツブルク州:12名(+3)
・フォアアールベルク州:11名(+8)
・ブルゲンラント州:4名(+0)
・ケルンテン州:1名(+0)2 10日,クルツ連邦首相はアンショーバー社会・保健・介護・消費者保護相,ネーハマー内相と合同で記者会見を開き,新型コロナウイルスに関する現状報告を行い,ウイルス拡大のスピードを落とすことで体制を整備するとともに,季節性インフルエンザの蔓延期と重複しないためとして以下の措置を発表しました。
(1)伊から人の入国停止。
・人の移動については,感染していないという証明がない場合は入国禁止。
・物の移動は引き続き継続。
・オーストリア域内での途中下車のない車の通過は可。
・空と鉄道の旅客便は止める。
・国境では全ての車両がストップされてチェックを受ける。その際に身分証明の提示を受けるとともに写真を撮る(通過と申告した人が本当に通過したかを確認するため)。
・イタリア滞在のオーストリア人はオーストリア本国に引き揚げる。引き揚げの際には14日間の自宅待機。
(2)墺内での拡大の抑制
・大学・単科大学の授業を停止する。遅くとも来週月曜からは授業を行わない。小中高校については,拡大のコア層が14-30歳とされること,また,子供のケアへの負担の観点から現時点では休校としないが,両親への負担について考慮しながら正しいタイミングで判断する。
・ビジネスについてはできるだけオンライン形式,テレワークに移行することを望む。
・明11日からとりあえず4月末まで500名を超える屋外行事及び100名を超える屋内行事はキャンセル。午後に法的拘束力を持つ禁止措置(Erlass)として決定する予定
・社交(ソーシャルコンタクト)の低減による拡大スピードの抑制。特に若青年層については高リスク層に考慮して欲しい。市民に対して今後数週間は抑制された社会生活を送るよう要請する。
・公共交通機関の停止は現時点では行わない。3 オーストリア外務省は,10日付でイタリア全土に対して「渡航中止・避難」を求める危険レベル6を発出しました。4 新型コロナウイルスは風邪と同様にせきやくしゃみなどの飛沫で感染するとされていますので,手洗い,人混みを避ける等の基本的な感染症対策に努めてください。
ただし,当国では覆面禁止法によりマスクの着用が禁止されており,新型コロナウイルス感染予防のためのマスク着用について新聞社から見解を問われた当国内務省は,健康上の理由によりマスクを着用する場合には原則として医師の診断書が必要である旨回答しておりますので,ご注意ください。
なお,オーストリア保健・栄養安全機関(AGES)は,新型コロナウイルスへの感染の疑いがない人については通常の石鹸で十分であると強調し,消毒液は医療目的で消毒が必要な人・機関により使用されるべきであるとしています。
参考:コロナウイルス感染予防措置
・定期的に,約30秒間石鹸で手洗いをする
・顔(特に口,目,鼻)を指で触らない
・握手と抱擁を避ける
・鼻をかむ際,咳をする際は使い捨てティッシュに行うか,腕で口・鼻を覆って行う。ハンカチを使う場合は使用した後で捨てる。5 また,5日,アンショーバー保健相はオーストリアにおいて新型コロナウイルスへの感染が確認された37人(当館注:5日午前8時現在の確定症例数)に対し,現在12万9,000人が季節性インフルエンザ及びその他のウイルス感染症に罹患している旨述べました。季節性インフルエンザは前年に比して「強力な波」となっているものの,すでに消退期に入っているとのことです。ウイルス学者のレードルベルガー=フリッツ氏によれば,オーストリアにおいて現在までに計24万5,000人が今季のインフルエンザに罹患したとのことです。
新型コロナウイルスだけでなく,季節性インフルエンザの予防にも努めてください。

【参考】
■ オーストリア保健省
〇新型コロナウイルス情報(独語)
https://www.sozialministerium.at/Services/News-und-Events/Neuartiges-Coronavirus-(2019-nCov).html
〇新型コロナウイルス・ホットライン(独語・英語)
Infoline Coronavirus: 0800 555 621 (月-金,9:00-17:00)
ウェブサイト:https://www.ages.at/themen/krankheitserreger/coronavirus/
■ 日本厚生労働省
〇新型コロナウイルス関連情報
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
○新型コロナウイルスに関するQ&A
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html
■ 世界保健機関(WHO)
○ウェブサイト:https://www.who.int/health-topics/coronavirus

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 現地ガイド発信!ウィーン最新情報 , 2020 All Rights Reserved.