現地ガイドだから知っているウィーン最新情報をお届けします

オーストリアのイースター(復活祭)2020年

2020/04/11
 

いつもですとこの時期は、ウィーンの街中が、イースターの飾りつけで活気づき、賑わっているのですが、今年はコロナウィルスの件で、静かなイースターとなりました。

私もガイドの仕事はすべてキャンセルになり、ほとんど家で過ごしております。

家にいる時間が多いと、いつもならぱっぱと済ませる家事ものんびり(笑)。事態が事態だけに、一歩外に出ると緊張感はありますが、家では今までやろうと思って出来なかった事、新しい料理に挑戦したり、天気の良い日は30分~1時間の散歩、読書、ストリーミングでオペラ鑑賞、長年貯めこんでいた書類や写真、タンスの中の整理などに時間を費やせる機会にもなっています。

今年は家族のみで家で祝うイースターですが、春の到来を喜ばしい事には変わりありません。今回はイースターについてご紹介したいと思います。

2020年 オーストリアのイースター日程

今年は去年より早く、412日がイースターサンデー(復活祭)になります。

イースターとは、キリストが十字架にかけられて処刑された3日後に生き返ったことを祝福する復活祭のことです。キリストの祝祭はクリスマスが最大イベントのように感じますが、キリスト教にとってこの復活祭は最も重要な日でもあります

イースターは毎年日にちが変わり、【春分の日の後の最初満月の日の翌日曜日】で決められています。イースターという呼び名は春の女神EOSTER に由来します。世界中に広がったキリスト教がある土地の風習(太陽教)と結びついたとも言われています。余談ですが、春の女神は太陽と一緒であると考えるため、日が昇る方向の東を『イースト』と呼ぶようになったともいわれています。

2020年ウィーン(オーストリア)のイースタースケジュール

聖木曜日 4月9日
この日にイエスは弟子たちと最後の晩餐をする

グットフライデー 4月10日
イエスが十字架にかけられて死亡する日

イースターサンデー 4月12日
イエスが復活をする日

イースターマンデー 4月13日
復活翌日の月曜日 多くの国は休日になっている。この日に隠した卵を探すなど、家族で祝う

イースターアイを飾るのはなぜ?

卵は復活の象徴で、キリスト教では、卵は生命の始まりを意味しています。また、キリストが死から復活し、よみがえる様子にも例えられています。キリスト教では5世紀には卵がシンボルになったようです。

イースターにはカラフルな【イースターエッグ】を飾り、食べるようになりました。色にも意味があり、赤はキリストの血、白は誕生、健康を表します。

イースターラビットの意味

古くから多産と豊作のシンボルであるウサギは16世紀からヨーロッパに入りイースターエッグを運んでくると言われるようになりました。

当時、イースターラビットがやってきて、よい子か悪い子か判断し、良い子は卵をもらえていたようです。今では籠に卵やチョコレート、お菓子を運んでくると言われるようになりました。

毎年、イースターラビットのチョコ、イースターエッグを購入して家に飾っているのですが、今年はイースターマーケットも開催していませんので、明日、買い物がてら、スーパーで調達してくる予定です。

シュテファン大聖堂のイースターミサとファステントゥーフ

現在、閉鎖中のウィーンのシンボル、シュテファン大聖堂のイースター時期のミサは国営放送で中継しています。

四旬節の間(灰の水曜日から復活祭までの前日)、教会の主祭壇はファステントゥーフと呼ばれる布で覆い隠します。ここ数年、シュテファン大聖堂は主祭壇はモダンアートの布で覆います。毎年楽しみにしているモダンアートのファステントゥーフ、丁度、下の写真はシュテファン大聖堂が閉鎖になる前に、ツアーで訪れた時に撮影したものです。

80㎡の大きなセーターで隠されてます。「ビックマザー」の名前を持つモダンアートは、イースターに向かって暖めて行く愛がテーマのファステントゥーフです。

コロナウィルスから、人類を守るかのような大きな愛のセーターですね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 現地ガイド発信!ウィーン最新情報 , 2020 All Rights Reserved.