現地ガイドだから知っているウィーン最新情報をお届けします

オーストリアでも遂にスーパーでマーケットでマスク着用が義務化される

2020/04/15
 

写真引用 krone

オーストリアでは目に見えないウィルスとの戦いとして、4月6日より、(最初の発表では、4月1日から)は、スーパーマーケットではマスク着用が義務づけられ、明日、4月1日より店頭で無料で配られる事になりました(人が殺到しそうなので、初日は買い物を避ける予定!)自分が持っているもの、手作りのマスクでも良いそうです。

なお、マスクをしていても、他の人とは1メートル以上の距離を取る事は変わりありませんし、400㎡以下のお店はマスク着用義務に該当しません。

日本では、病気でなくともマスクを着用している人が多いので、マスク着用義務化の政策に違和感があるかもしれませんが、こちらの法律で『覆面禁止法』がありまして、本来、外出先でのマスク着用は禁止です。

オーストリアはかなり早くからコロナ対策を取り、外出制限などもしているにもかかわらず、3月31日付の新型コロナウィルスの感染症例者数(午後4時15分)は1万人を超え、合計10,019名、死者の数128名です。このままの状態で増え続けると、4月半ばには医療機関崩壊(集中治療室の不足)になる恐れがある事から、感染拡大を防止を一層強化する処置として、急遽取り入られました
※下記の記事に簡単手作りマスクの作り方の動画があります。


この政策発表前から、スーパーマーケットでマスク着用の人は何人もいましたし、私もそろそろマスクをして、買い物へ行こうと思っていましたので、反対に堂々と出来る安心感があります。コロナウィルス感染者増加率も、この一週間で少し緩やかになってきましたが、まだ外出制限を解除する状態に至ってません。死者の数が増え続けているのが心配です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 現地ガイド発信!ウィーン最新情報 , 2020 All Rights Reserved.